みんなにオススメしたい本!育休刑事

今回は、オススメのミステリー小説「育休刑事」(似鳥鶏 / 著)を紹介します。
育児の息抜きに最高の本でした!
※ネタバレはありません。

「育休刑事」の内容

男性刑事が育休を取り、赤ちゃんとお出かけするたびに事件に巻き込まれて、赤ちゃんのおかげで事件を解決していくお話です。某コナンくん的な感じです!

オススメポイント

  • 設定が斬新
  • めっちゃ共感できる育児あるある
  • 読みやすくて面白い

設定が斬新

育休を取る刑事!今どき!タイトル見ただけで読みたくなりますね。
また、読んで面白いと感じたのが
・育休取得中に仕事(事件の捜査)をするのはアリなのか
・公務員である警察官の育休取得が世間からどう見られるか
といったリアルな点にも触れているところです。僕は普通のサラリーマンなので、公務員については考えさせられる部分がありました。

めっちゃ共感できる育児あるある

蓮くんは体をそらし、俺の腕から逃れようとする。逃れたら落ちてしまう。頭から落ちれば首が折れて死ぬのに、まったく赤ちゃんという生き物は、なぜこうも熱心に死のうとするのだろう。
出典元:育休刑事 p122
わかる〜〜
ウチの子も反り返りが激しくて、油断してると落としそうになっちゃうんですよね。眠たいときによく暴れたり、泣いたりするけど、眠いなら大人しく寝たらいいのに、って(笑)
こんな感じで共感できる育児ネタ満載で「あ、これウチだけじゃないんだ」と安心しました(笑)

読みやすくて面白い

全300ページほど。短編3本の構成で、1本あたり1時間程度で読めるボリュームです。読みやすい文章で、普段小説を読まない僕でも、サクサク読み進められました。
また、ミステリー小説ならではの、まさかの展開が待っていて「えー!」と驚かされました。
そして最初から読み直してみるとチラホラ伏線が張られているんですよね。気づかなかったけど!

最後に

育児経験のある方はもちろん、育児経験のない方にもオススメの「育休刑事」。
ミステリー小説として面白いし、「男性のやる育児ってこんな感じかー」「赤ちゃんってそういう生き物なんだ」みたいに、育児の勉強にもなります。
ぜひ読んでみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました